Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/2/webcircle/web/ihfservices.org/index.php on line 18
東京で美味しい焼肉を食べよう
東京で美味しい焼肉を食べよう

東京で美味しい焼肉を食べよう

東京には、美味しい焼肉屋さんがたくさんあります。一般的な焼肉屋さんのイメージとして、店内は賑やかで活気があり、大皿に乗せられているお肉を豪快に網の上で焼くというイメージを持っている人も少なくないでしょう。近年では、高級なところも人気が高くなっています。東京の焼肉屋さんには高級感のあるお店が多く、小さめのお皿に数枚キレイに盛りつけされたお肉が出されます。東京のそういった高級な焼肉を提供するお店へ、自分へのご褒美に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。また、東京にある焼肉屋さんの中には、内装がおしゃれで隠れ家的なお店もあります。家族での利用はもちろん、女子会やデートなどで利用しても雰囲気を壊すことなく舌鼓を打てるでしょう。



網などの上でお肉を焼くと、どうしても煙が出てしまいます。焼肉はとても美味しいですが、デートの最中や仕事の日のランチはもちろん、そうでなくとも匂いが服などに付くのが気になるという方もいます。そのような方には、煙の出ない焼肉を提供するお店がおすすめです。無煙ロースターという焼き機を使用しているお店があるので、そのようなお店を選べばデートではもちろん、女子会や宴会の場にも最適です。

また、一部の東京の焼肉屋さんでは、牛の生肉を提供しているお店もあります。生肉なんて大丈夫かなと少し心配な方もいると思いますが、生食用のお肉を提供しているところは、お肉の仕入れ元から保存法、調理法まで徹底的に管理されています。食品衛生協会から認定された衛生面に問題のない生食用の牛肉を提供しているので、安全で、安心して食べられます。ユッケなどの昔ながらの生肉メニューはもちろん牛刺や牛の握り寿司など、焼いたお肉とはまた一味違ったお肉の味を味わえます。お店によっては生肉のほかにも、他のお店ではなかなか味わえないホルモンなど、希少部位のお肉を提供しているお店もあるので、いろいろな部位のお肉の味や、味の違いを感じられるでしょう。また、東京の焼肉屋さんには、そのお店独自のオリジナルメニューがあることが多いので、お気に入りのお店を見つけるのもいいですが、さまざまな東京の焼肉屋さんに行って食べ比べてみるというのもいいかもしれません。

少し豆知識的にはなりますが、実は美味しいお肉は見た目でもわかります。牛肉の場合は、お肉の赤身部分の色が淡い赤色であるかどうかがポイントです。一般的に白に近い赤色の牛肉は若い牛肉であり、年をとった牛肉よりも美味しいと言われています。つまり、見た目が明るい色のお肉が美味しいお肉ということです。それでいてお肉の見た目が乾燥しておらず、艶のあるものもいいお肉です。また、お肉そのものが霜降り肉かどうかも、美味しいお肉かどうかを見分けるポイントです。お肉の脂肪のことをサシといいます。このサシが網目状になっていて、脂肪の色が白に近い乳白色、適度な弾力と粘り気があるお肉が一般的に霜降り肉と言われています。このように美味しいお肉のポイントを知っておくと、高級な焼肉屋さんへ行ったときには舌だけではなく、焼く前の生肉を見て目でも楽しめます。



また、最近では感染症に関連してお店で食事をするのはちょっと抵抗がある、という方もいると思います。そういった方は、東京の焼肉屋さんにはテイクアウトメニューを実施しているお店もたくさんあるので、たまの贅沢に焼肉屋さんのお弁当を買うのもいいかもしれません。テイクアウトのお弁当を注文すれば、自宅で気軽にお店の味を堪能できます。テイクアウトでもカルビやタン、ロースなど色々な部位のお肉を使ったお弁当を提供しています。自分の好みや、その時の気分に合わせて、お店自慢のテイクアウトメニューを選んでみましょう。

最新記事